歯周外科について

  • 2019年05月28日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

以前、歯周病で失った歯を支えている骨は、容易なことでは元に戻らないというお話をさせていただきました。

歯を支えている顎の骨を再生させる高度な外科処置を施したとしても、一過的には良好な状態であっても、

ケアの状況によってですが、高確率で術前の状態に戻ってしまうという内容もご説明させていただきましたね。

 

つまり、私が最も言いたいのは、今、多くの歯医者で行っている「歯周病の治療」と言われているものは、早い話

「歯周病を進行させないようにする治療」つまりは、「予防的な治療」であって、あくまでも、

これ以上歯周病が進行しないようにする「歯石とり」と言われる歯のクリーニングがほとんどなのです。

 

その中でも、歯周ポケットが深かったり、歯肉が腫れやすい場合などに、歯と歯茎の深い溝を外科手術で、

浅くするようなことをする「歯周外科」と言われるものがあります。

それは「歯肉切除術」「フラップ手術」等ありますが、だいたいの流れとしては、麻酔して、患部をメスで開き、

歯周ポケットの深い所の歯石を直視で取り除き、きれいに洗浄したところで、開いた歯茎を縫合するというものです。

歯周ポケットが浅くなるので、歯肉の腫れ、出血、痛み、等の症状が改善される効果があります。

ですが、、、

 

歯を支えている骨はそのままです。まず、審美的には、はぐきが下がります。

特別な被せ物の処置や、噛み合わせの調整をしない限り、歯の動揺度はそのままです。

 

はぐきが下がったために、深刻な知覚過敏や、審美障害が起こったりするのもこのケースでは多く見受けられます。

そして、術後はぐきが下がって「こんなはずではなかった。」と言われる方がいらっしゃいますが、、、

 

「実は、今までの歯茎は歯周病で腫れて盛り上がってたのです。」という事実をこちら側で、なかなか伝えられないという先生方の現状なのではないでしょうか。。。。

 

そんなわけで、前回お伝えしていた、「術後のケアが大切」といったところにたどり着くわけです。

患者さんに、高度な外科処置を施したあと、そのあとはどうでも良いと考えている歯医者など、ほとんどのところいないと思います。

患者さんのその後も継続して、しっかりとしたメインテナンスできることを多くの歯科医師が望んでいるのではないでしょうか。

なので、外科処置をされた方は特に、メインテナンスを大切に、忘れずに考えていただけるとこちらとしても助かるのです。

 

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。

金属アレルギーについて

  • 2019年05月21日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

本日は歯科金属アレルギーについてお話させて頂きます。

 

通常、金属アレルギーの原因としては、ピアスや時計などのアクセサリー類が主に考えられます。しかし最近では、歯科用の金属材料が生体に及ぼす影響が重く考えられています。歯科金属アレルギーとは、詰め物や被せ物など、歯科での治療に使用される金属の関与が疑われる金属アレルギーの総称です。

 

症状として、口腔内では金属と口腔粘膜との接触部に起こる接触皮膚炎や粘膜炎が挙げられます。また、口腔から離れた場所、手の平や足の裏にも湿疹や水膨れが起こり得ます。

 

歯科金属アレルギーが発症するメカニズムに関しては、多くの研究施設で研究は進められていますが、未だに不明な点は多いです。ただ、歯科用金属材料には、合金として他種類の金属が用いられており、それぞれのイオン化傾向が異なる為に、口腔内で金属がイオン化して体内に取り込まれ易いという事。また、口腔内には唾液、血液、食物残渣など金属の溶出を促す因子が存在する為に、歯科用材料が金属アレルギーを起こしやすいという事が考えられています。

 

金属は歯科治療に欠かせない材料でもあると同時に、金属アレルギーを起こすリスクをも併せ持っています。例えば、歯科用材料に金銀パラジウム合金という金属を用いる事があります。これは主にインレーやクラウンに用いられる金属です。合金の組成は金12%、パラジウム20%、とJIS規格に定められていますが、その他にも銀や銅、インジウムなどをメーカーにより異なる組成で加えられます。この様に多種に渡る金属を含んだ合金は、イオン化傾向の差によって溶け出し、体内に取り込まれてアレルギーを発症する可能性がある事は先にお話しさせて頂きました。

 

金銀パラジウム合金は保険治療が効く為に、歯科材料では最もメジャーに使われる材料の1つです。結果として、安価で修復用の材料を用いる場合には、金銀パラジウム合金を用いる事が多くなると考えられます。つまり、金属アレルギーを避ける為に金銀パラジウム合金を使用せずに歯冠修復を行う場合、治療費がより多くかかってしまうと考えられます。

 

金属アレルギーを防ぐ手段としては、2つの方法が考えられます。1つは、治療の事前に患者さんに対して金属アレルギーのテストを行う方法、そしてもう1つが金属材料を使わない歯科治療をする方法です。

前者の事前の金属アレルギーテストに関しては、患者さん個人にアレルギーテストを強制させる事は時間的、費用的にも難しい為に、実現は難しいと考えられます。その為、現実的には後者の金属材料を使わない歯科治療を行う事が金属アレルギーを防ぐ手段として重要であると考えられます。しかし後者も、材料によっては安価で治療に望む事は難しいのが現状です。

 

しかし近年では、様々な非金属材料が保険診療で使用可能になって来ています。例えば、2014年での診療報酬改定では、小臼歯部でCAD/CAM冠と呼ばれる金属を用いない白い被せ物が保険導入されました。今後、保健治療が可能な材料にセラミックなどの他の非金属材料が認められる事があれば、金属に代わり積極的に非金属材料を用いる事も可能となると思われます。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。

 

咀嚼と健康

  • 2019年05月14日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

今回は咀嚼と健康について説明させて頂きます。やせたいのに、ついつい食べ過ぎてしまうことは日常ではよくあるのではないでしょうか。こういった現象には、脳の仕組みが関係していると言われています。糖質や油脂など、おいしいものを食べると、脳内でβエンドルフィンという快感物質が出て、摂食中枢を刺激します。そのため、意志の力だけでは食欲が抑えられずに、必要以上の量を食べてしまうことになるのです。またいっぽうでは、脳内には食欲を抑える物質も備わっています。それが神経ヒスタミンです。脳内の神経ヒスタミンが満腹感を強め、食欲を抑制することが研究で発見され、さらにはその脳内の神経ヒスタミンが噛むことで増やせることも解明されたそうです。つまりは、よく噛むことでヒスタミンを増やせば、ダイエット効果にも期待できるそうです。食欲を抑え、内臓脂肪を燃焼させる神経ヒスタミン。これを脳内で増やす方法として、毎食30回噛む、30回咀嚼法があるそうです。一口を30回噛めるようになると1食の口数が40から50口に増え1食20分から30分かかるようになります。さらには1日に4回、起床直後、朝食直後、就寝直後に体重をはかってグラフ化します。すると、体重が増えても、その原因を見返して、すぐに修正できます。そのために、リバウンドを抑えることができるのです。実践のポイントを絞った簡易法もあります。3食続けるのは難しい、1日に4回の体重測定は負担という方には、野菜から食べ始め10分間よく噛むことに加えて、起床直後だけ体重をはかる方法。その後、夕食をよく噛んで食べます。その効果を、翌朝体重をはかることで確認できるのです。健康のためには、糖尿病や心臓病をはじめ、さまざまな病気を引き起こす内臓脂肪を減らす事が重要です。噛むことで神経ヒスタミンの作用で効率よく内臓脂肪をよく落とせるそうです。よく噛む習慣をつけて、健康的な生活を目指してはどうでしょうか。またよく噛むクセをつけるコツとして野菜や海藻、キノコの本来のうまみを味わいながら噛む、食事の最初に10分間タイマーをかけ、時計を気にせずに噛むことに集中するといったものがあげられます。以上から噛む事と全身に対する作用と効果を説明させて頂きました。是非、手軽に続けやすい方法を皆さんは見つけて頂いて、健康的な毎日を送られて、食事をされてみてはいかがでしょうか。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。

オーバーブラッシング

  • 2019年05月07日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

今回は、「ゴシゴシ磨き」別名「オーバーブラッシング」の害についてお話していきたいと思います。

ところで普段、皆さんがされているブラッシングは、過去に学校や通院されている歯科医院で、正しいブラッシングを指導されていたかと思いますが、

気がつくと、自己流のブラッシングに戻ってしまい、現在では、かなりアレンジされている方が多数いらっしゃることと思います。

実は、それは自然なことなのですが、気がつかないうちに、過度のブラッシング圧が歯の根元にかかってしまい、歯のすり減りが起こってきてしまうのです。

自分自身で、健康な歯をブラッシングで無意識に削ってしまっているのです。もったいないことです。

歯の根元の磨り減りが大きいと、知覚過敏になったり、重度な方だと神経まで、取らないといけないことになります。

歯の神経を取ると歯の寿命が短くなると言われています。症例によっては、歯を虫歯でもないのに、早期に失うことにもなりかねません。

 

それでは、どうしたら歯の磨り減りを招かずにブラッシングすることができるのかということですが、

基本的に歯磨きで、重要なのは、病気のもととなる悪い影響を及ぼす汚れを落とすことです。

それは、歯ブラシ以外で、汚れが落ちれば、ブラッシングしなくても問題ないということにもなります。

歯ブラシに頼る予防をしなくとも大丈夫、という内容の書籍が数多く出回っていますが、だいたいはそのような内容でした。

私としては、定期的な検診が時間的に可能で、実際定期的に受診されている方であれば、問題ないのですが、

そうできない方が、それらの方法を実践されるとなると、後々取り返しがつかない事になるような気がしてなりません。

歯ブラシを使わないことで、落ち切れなかった汚れが、頑固な歯石に変わったときに、どうなってしまうのか、

検診を受けられず、そのまま重度な歯周病になってしまったら、それはそれは恐ろしいことだと思います。

それと、ブラッシングの他に、歯の磨り減りを招く原因として、その人それぞれの生理的な習慣で、歯にヒビが入ったり欠けたりすることはけっこうあることなのですが、

それは自然な生理現象で、変えようと思ってもなかなか変えられないものなので、避けられないものと考えたとき、

変えられるものは何かと考えてみたら、日常のブラッシングを少しだけ工夫して、歯によりダメージを与えないようにするのも、賢い選択肢と言えるでしょう。

日頃何気なくやっている歯磨きですが、一日3回歯磨きをされる方は年総回数は1000回以上、ケアされている計算になります。その回数分、歯にダメージがかかる訳です。

 

とにかく歯にダメージを与えないようにする歯磨きの方法として、私が考えるブラッシングのコツとしては、できるだけ柔らかい毛先の歯ブラシを使ってペングリップで持ち、

歯磨き粉を米粒1個程度の量で、口の隅々までやさしく磨くことです。そしてそれでも落ちなかった汚れは、定期健診で取るという方法です。

 

私の場合ですが、歯周病が重度に進行している方で、優しいブラッシングがうまくいっていない方などを、

症例によっては外科手術後に使用するものすごく柔らかい歯ブラシをお勧めしたりすることもあります。

 

日々のケアは皆さんが考えているよりも、とても重要です。歯に優しいブラッシングを取り入れて快適な生活を送っていただきたいと思っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。