歯の痛みについて

  • 2018年10月28日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

今日は、「歯の痛み」についてお話致します。

 

皆さんが歯医者さんに来る一番の主訴は、「歯が痛い」ですよね。歯の表面は皮膚と違って感覚がありません。では、いったいなぜ歯が痛くなるのでしょうか?

 

まずは歯の構造を知りましょう!

 

 

皆さんもご存知の通り、歯には神経と呼ばれる部分がありそれを覆うように、象牙質、エナメル質があります。そして冷たい、熱い、痛いなどの感覚はこの神経が感じとっています。

 

歯には、痛みを感じない部分がある!!

 

まず、一番外を覆っているエナメル質ですが、ここは一切痛みを感じません。エナメル質のムシ歯だけなら、削るのに麻酔も必要ありません。ちなみに人間の体のなかで最も硬いのがエナメル質です。

 

次に象牙質ですが、ここは神経はありませんが、刺激を与えると痛みを感じます。象牙質には、たくさんの管があります。これを象牙細管といい管のなかは、組織液で満たされています。組織液は液体なので、温まると膨張し、冷たくなると収縮します。そうした液体の動きが奥にある神経を刺激するのです。つまり神経はもちろん、象牙質に刺激を与えてしまうと、痛みを感じることになります。

その原因は、主に次のようなことが考えられます。

①ムシ歯が象牙質まで到達している。

②歯の磨き過ぎでエナメル質がすり減ってしまっている。

③歯周病で歯の根っこが露出している。(歯の根っこには象牙質を覆うエナメル質がありません)

最後に歯髄(歯の神経)ですが、ここに虫歯が進行すると言うまでもなく虫歯の細菌の影響で神経が炎症を起こして痛みが出てきます。

ここまで進んでしまうと神経を残すことは出来なくなってしまいます。

 

怪しいと感じたら一度歯医者さんに行ってみましょう。

 

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。