虫歯の予防について

  • 2018年06月24日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

今回は虫歯の予防についてお話ししたいと思います。

 

口腔衛生による予防

歯の噛み合わせ面の溝から進行する虫歯

 

2003年の世界保健機関の報告にあるように口腔清掃は齲蝕を予防するという証拠がなく、関連性が高いのは飲食です。口腔清掃は、歯が酸に侵食される際の酸性度を弱めたり侵食時間を短縮させるのであり、口腔内をなるべく酸性に傾けない飲食というのが事実に即した予防となります。

自分でできる口腔清掃のパーソナルケアとして、主に1日最低2回のブラッシングと最低1回のデンタルフロスなどによる歯間清掃があります。歯科で行うプロフェッショナルケアとして、数ヶ月ごとの定期的な歯科検診やPMTC(専門的機械的歯面清掃)があります。リスクの高い部位には年に1回X線写真を撮るのも良いですね。

 

歯垢は細菌が集まって膜を形成したバイオフィルムだとも捉えられています。歯垢が熟成して細菌が密集した状態は、歯の表面に強固にくっつき殺菌剤も効きにくいです。こうしたバイオフィルムの破壊にはPMTCが有効であります。PMTCによってバイオフィルムを破壊した状態に対して、さらに3DSによって専門的に殺菌することができます。

 

ブラッシング

 

う蝕の予防はブラッシングを基本とします。歯垢を取り除くことで、う蝕原因菌を少なくし、酸が作られることを防ぐ。2日以上経過した歯垢は、砂糖液により酸を作り出す時間が長くなります。歯垢が固まり歯石となった場合はブラッシングではとれないため、歯科で除去してもらうことになります。ブラッシングは歯ブラシを基本としますが、歯と歯の間を磨くためにデンタルフロスや歯間ブラシ、爪楊枝を利用することができます。歯間などのすき間を水で洗い流す口腔洗浄器も用いられることがあります。

 

フッ化物や、殺菌効果のあるクロルヘキシジンなどが配合された歯磨き剤や洗口剤も有効であります。ただし、口腔内の細菌はバランスを取って存在し、他の菌が入ることを防いでいるため、抗菌剤などの利用は口腔常在菌に悪影響を与え菌交代現象などを引き起こす場合があります。

 

東芝など大手企業の健康保険組合が職場に歯磨きセットを無料配布し、昼休み時にブラッシングを励行させることにより年間の医療費負担の低減に効果を挙げているなど、昼食後のブラッシングはう蝕予防に非常に有効的です。

 

フッ化物

 

齲蝕予防にフッ化物を用いる方法は全身応用と局所応用に分けられ、それぞれ

 

全身応用

 

水道水へのフッ化物添加(水道水フッ化物添加)

食塩へのフッ化物添加

フッ化物錠剤の服用

 

局所応用

 

フッ化物入りの水による洗口(フッ化物洗口)

フッ化物入り歯磨剤

フッ化物の歯面への塗布

 

などがあります。

 

年に数回、高濃度のフッ化物を塗布するより、歯磨き剤や洗口で頻繁に少量のフッ化物を用いたほうが再石灰化が促進できます。

 

フッ化物に齲蝕予防効果がある理由として、至適濃度のフッ化物が歯質を強化し、再石灰化を促進するためとされています。フッ化物は、エナメル質のハイドロキシアパタイトの結晶に結合し、エナメル質の脱石灰化を減らし、う蝕への抵抗を強化します。

 

ブラッシングに際しては、必ずフッ化物入り歯磨き剤を使用し、フッ化物を口腔内に少し残す工夫をします(例えば一度磨いた直後にもう一度磨く。二度目は口すすぎをせずに吐き出すだけにする)。6歳未満の子供に対しては、親が必ず監視し、ごく少量(直径5mm未満)の歯磨き剤を使用します。多くの歯科医師は、歯の継続的な管理(メインテナンス)に際して、フッ化物の歯面への塗布(健康保険適用)を行っています。日本では水道水へのフッ化物添加はほとんど行われていないが、学校においてフッ化物洗口を行うところが増えており、虫歯の本数は減少しています。

 

ただし、世界保健機関の報告では、フッ化物の利用と口腔清掃が行われている場合でも、糖類の消費が齲蝕の有病率と重症率を増加させるのです。

 

未開の地では、ブラッシングは行われず、フッ化物は利用されないが、う蝕はほとんど発生しません。米国ではフッ化物の利用は高率であるが、う蝕の発生は多く、日本と大差はありません。う蝕はもっぱら砂糖によって作られます。フッ化物は、う蝕の発生を防ぐのではなく、う蝕のトラブルを約10%減らすだけなのです。

フッ化物応用のリスク

 

咽頭がん・口腔がんなどのリスクを上昇させるためフッ素洗口に対する反論もみられ、フッ素洗口推進派がしばしば引用するWHOのレポートである『フッ化物と口腔保健-WHOのフッ化物応用と口腔保健に関する新しい見解』にも200か所以上の誤訳や訳出漏れがありフッ素洗口を推進するように意図的に訳しているとしか思えない部分もあるという指摘があります。

 

国際がん研究機関の公表するIARC発がん性リスク一覧では、飲料水中の無機フッ素化合物をGroup3(ヒトに対する発癌性が分類できない)の化学物質に分類しています。

CPP-ACP

 

カゼインホスホペプチド・非結晶リン酸カルシウム複合体(CPP-ACP)は再石灰化を促進すると考えられている成分で、歯に塗るペーストやシュガーレスガムといった製品があります。

キシリトール

 

キシリトールによる歯の再石灰化作用は現段階では認められておらず、疑問視されている。ただし、上記の通り、酸産生能は低いため、スクロース等と異なり、う蝕の原因にはなりません。また、甘みがあるため唾液の分泌を促す効果があります。

 

S.mutansはキシリトール存在下ではそれを呼吸基質とするよう酵素誘導が行われます。その結果、菌が口腔内の粘液に留まりにくくなり、唾液によって洗い流されやすくなることで、う蝕の予防に役立つという説があります。

シーラント

 

シーラントは齲窩が出来るのを防ぐ方法のひとつです。臼歯の咬合面の小窩裂孔に薄い膜を作ることで、この膜で歯垢が蓄積することを防ぎます。通常、シーラントは臼歯の萌出直後の子供の歯に行うが、大人でもう蝕の予防に利益があるのです。健康保険が適用になっています。

探針

探針

 

う蝕の進行度を調べるのに用いられるのが、探針です。しかし、探針がう蝕を拡大させる原因の一つであるとも考えられており、2005年の厚生労働省のう蝕調査から、探針を用いず、もしくは先が球になっているものを用いて検診するように改められています。そのため、上記の分類では調査できないため、「Ci」と「Ch」という分類が用いられるようになりました。CiはCaries incipientの略で4度分類のC1とC2の段階、ChはCaries high gradeの略でC3とC4となっています。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。