虫歯って何?

  • 2018年06月03日

皆さん、こんにちは。

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

今日は虫歯についてお話ししたいと思います。

 

定義としての虫歯とは、口の中の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が溶かされて起こる、歯の穴のことです。

歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つです。虫歯が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩といいます。

 

虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気です。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いため虫歯になりやすく、歯の頭の部分の虫歯は未成年に多く見られます。

一方、高齢化と残存歯の増加に伴い、高齢者の根面虫歯(歯の根っこの部分の虫歯)が増加してきています。

 

代表的な虫歯の原因菌のことを「ミュータンス菌」といいます。

 

この最近の感染が最初の原因ではあるのですが、そこに至るまでは様々な菌が関わっており、共生しているため特定の菌に原因を求めるのは難しく、食や唾液の分泌などもかかわるため、「食」生活習慣病とも考えられています。

 

口腔内には多くの細菌が存在し、これを口腔常在菌といいます。この中には多くの原因菌が存在するのですが、虫歯を引き起こす最も重要な菌はストレプトコッカス・ミュータンス(先ほどのミュータンス菌です)。この菌を中心とした他の細菌の量や種類により虫歯の進行速度は変わってくると考えられています。

 

う蝕原性菌、食物残渣(食べ残し)、唾液は結合し、歯垢(プラーク)となって歯に結合します。

歯垢の付着は、臼歯の咬合面の溝や、全ての歯の歯肉縁(歯と歯肉の境目)、歯科修復材料と歯の境においてよく見られます。

このため、歯ブラシだけでは清掃は不十分となり、歯間ブラシ、デンタルフロスといった器具を用いて清掃する必要があるのです。歯垢は時間とともに成熟し、バイオフィルムとなり、洗口液などの使用は無効となってきます。要は洗い流せなくなるのでゴシゴシこすらないと落ちなくなるということです。

 

歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石となり、通常のブラッシングではとれなくなります。歯垢や歯石は歯肉縁を刺激し、歯肉炎(歯肉だけの炎症)となり、最終的には歯周炎(歯肉だけじゃなくて骨まで溶かす炎症)となるのです。

 

虫歯の原因菌は、食品の特に糖質から乳酸などの酸を産生します。

歯垢の中に酸が大量に産生されると、口腔内のpH(水素イオン指数)が酸性に傾き、歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。これを脱灰と言います。

唾液の作用によって数十分すると、今度はアルカリ性に戻り溶けた歯が補修されます。これを再石灰化と呼び。酸性に傾き、アルカリ性に戻る状態をグラフ上の曲線で表したものをステファン・カーブと呼びます。

 

糖質には砂糖やデンプンなど様々な種類があります。酸産生能は糖質の種類によって異なり、砂糖の主成分であるスクロースが最も高く、キシリトールは低い。こうした様々な条件によって歯が脱灰するのです。この進行の最も重要な因子は、「量」でなく「頻度」です。一度に大量に摂取することによる脱灰よりも、頻回に脱灰され続けた方が、虫歯が進むとされています。

口腔内のpHが低下すると、約30分間エナメル質は脱灰され続けます。また、多量の糖質を摂取することでpHの低下の仕方や脱灰される時間の長さが変わることが知られています。砂糖を溶かした水溶液では砂糖が10%の濃度となるまでこうしたpHや時間が変化するのです。

 

エナメル質が溶けはじめた最初期の段階では、エナメル質に抵抗性があることや、歯が再石灰化するため、エナメル質表層は溶けず、その下から溶け始めます。これをエナメル質の表層下脱灰といい、この段階を初期う蝕という。この段階では、まだ、再石灰化により、歯が元に戻る可能性があるのです。

 

虫歯の症状

虫歯がエナメル質に限局している間、一般にう蝕は無痛であり、象牙質に達することにより、象牙細管の露出をみて初めて歯痛を覚えることが多いです。

このときの痛みは象牙細管内の痛覚神経終末に対する直接刺激や、象牙細管内の組織液圧力変化による歯髄痛覚神経終末に対する刺激が起こることによるものと考えられています。

う蝕が歯髄まで到達するまでの過程においては歯髄炎を併発することによる激しい自発痛が発生する場合があります。歯冠崩壊によりう蝕が歯髄まで到達すると髄腔内圧が下がるため、自発痛は一時的に消退しますが、これは治ったということでは決してありません。

 

歯髄腔が感染した状態を放置し続けると、歯質の崩壊は著しくなり、根尖まで細菌感染が至る結果となり、歯根膜炎を引き起こすことによる拍動感を伴った鈍痛が生じることがあります。

この後、根尖周囲に歯根嚢胞や歯根肉芽腫が生じることがあり、感染の程度によっては歯瘻が出来ることもあるのです。

 

やがて歯質の崩壊が進み、残根状態になると、人体の異物排除機転により自然脱落(自然に抜けちゃうことです)に至ることもあります

 

分類

虫歯は、発生部位や病巣の形態、進行度等により分類されます

進行度による分類

 

C0、C1、C2、C3、C4という分類がよく用いられますね。

 

 

 

発生部位による分類

 

小窩裂溝齲蝕(歯の表面の溝の虫歯)

小窩裂溝部は清掃を行いにくく、食物残渣がたまりやすいため、多く見られます。

平滑面齲蝕(歯のツルツルした面の虫歯)

歯頸部や隣接面に見られる齲蝕。隣接面齲蝕はX線撮影で明らかになることが多い虫歯です。

歯肉縁下齲蝕(歯肉よりも下の部分の虫歯)

歯周ポケットが深くなったところに発生。セメント質齲蝕から始まることが多いです。

根面齲蝕(歯の根っこの部分の虫歯)

歯肉が退縮し、食物残渣がたまりやすい部分が露出することにより発生。高齢者に多いです。

 

病理組織学的分類

 

エナメル質齲蝕

象牙質齲蝕

セメント質齲蝕

 

経過による分類

 

急性齲蝕

急速に進行する虫歯で、若年者に多いです。

慢性齲蝕

進行が遅い虫歯で、成人に多い。第三象牙質(修復象牙質)が多く形成されることがあります。

 

原発性か再発性かによる分類

 

一次齲蝕(原発性齲蝕)

正常な歯質表面に発生する虫歯

二次齲蝕(再発性齲蝕)

治療において窩洞の形成が不十分であったり、修復物(詰め物、かぶせ物)の変形や破折により発生した、歯質と修復物の間の間隙のために修復物の周囲で発生する虫歯のこと。

しかし、実際は細菌が入り込める間隙が原因ではなく、う蝕が発生した口腔生態系が引き続き継続して、その部位が酸を産生しやすい環境であるままになっていることが原因であると言われています。

 

病巣の形態による分類

 

表面齲蝕

表面で広がる虫歯。

下掘れ齲蝕

表層部よりも内部で広がっている虫歯。

穿通性齲蝕

細く深く進行している虫歯。

 

進行度による分類

 

浅在性齲蝕

表面で広がり広く浅い虫歯

深在性齲蝕

象牙質深部にまで達した虫歯

 

活動性による分類

 

活動性齲蝕

進行する虫歯。進行を止める処置(原因因子と防御因子の両方に作用する処置)が必要です。

非活動性齲蝕

進行が止まった虫歯。進行を止める処置の必要はない。脱灰の跡は残る可能性があります。

 

発生状況

虫歯の発生状況について厚生労働省が定期的に「歯科疾患実態調査」で報告を行っています。日本の虫歯の有病率は、先進国の中で最悪であると言われています。

これには、日本の医療費が安く自らの健康を維持しようとしないことが原因とする考えがあります。梅雨時などの菌が増殖する時期にかかりだし冬場温度の低下から痛みが発生する事が多いとされています。

 

長くなりましたが、当たり前のように治療している虫歯も様々な原因で起こり、分類できることが分かっていただけたかと思います。

次のお話ではその治療についてお話ししたいと思います。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。