歯の健康

  • 2018年05月20日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

5月も半ばに入ってきまして段々と夏を感じる季節になってきましたね~。

寒くなくなったのは良いですが、極端に暑いのも苦手なので今くらいの気候で年中過ごしたいものです。

 

さて今回のお話は「歯の健康」についてです。

ところで、皆さんにお口の中は、健康でしょうか?

と、急に問われても、自信満々に健康です!!!!

と答えられる方は少ないのではないでしょうか?

その理由として、

『そもそも、お口の中の健康って何?』

と、思われている方がほとんどだと思います。

 

例えば、

・虫歯が無い。

・歯周病では無い。

・口臭が無い。

・問題なく食べ物が噛めている。

など、人それぞに健康に対する考え方があると思います。

もちろん上記の考え方も正解です!

 

ただし、この表現を言い換えると、、、

・とりあえず今のところ虫歯になっていない。

・よくわかんないけど歯周病になっていない。

・なんだか口臭も無い。

・とりあえず今は食事するのに問題はない。

だったりしませんか?

実は、虫歯も歯周病も口臭も、全て明確に原因があります。

いくつかある原因の中で、

一番の根本を占める重要な原因は、

『菌』です!!!

この『菌』が

虫歯や、

歯周病、口臭を引き起こします。

この虫歯や歯周病や口臭の原因である

『菌』

とやらは、どこに潜んでいるのか...

それは主に3つあります。

①歯間部

②歯周ポケット

③不適合補綴物(合っていない詰め物や被せもの)の間。

では、

この原因『菌』を

どうやって減らしていきましょうか

4つあります。

①歯間部の清掃の徹底。(歯間ブラシ、フロスの使用)

②キシリトールやフッ素の使用

③不適合補綴物(合っていない詰め物や被せもの)のやり直し。

④抗生物質などの薬物を摂取する。

ただ、④は一時的な処置なので日常生活の中では行ってはいけませんよ。

基本的には①~③のように、

原因に対して

効率よくアタックしていく。

すると、おのずと、

健康なお口に近づいていきます。

 

そして、アイリス歯科クリニックに来院された方は

・虫歯が無い。  →・虫歯にならない。

・歯周病では無い。→歯周病にならない。

・口臭が無い。  →口臭が出ない。

なぜならブラッシングの改善やフロスを使用し、なおかつフッ素で歯面を強化し、合っていない被せ物はやり直し、清掃しやすい形態にすることで、原因菌を減らしているからです。

と、

一つレベルアップした

お口の中の健康の定義を

持って頂けたら

幸いです(^^)/

みなさん、

一生、ご自分の歯を使って、満足した食事をしませんか?

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。

親知らず

  • 2018年05月17日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

今日は「親知らず」についてお話したいと思います。

親知らずは皆さんも聞いたことがあるとは思いますが、お口の中の一番奥にある歯です。

通常治療を行う歯は上下左右に7本ずつ、計28本が存在するのですが親知らずはさらにその奥8番目の歯です。

生え方は様々で普通の歯と同じように上向きで生えている方もいれば、上向きで歯ぐきの中に埋まっていたり、横にはえていたり、様々です。

診療をしているとよく患者さんから聞かれるのが、

「親知らずはどうしたらいいの?抜いた方がいいの?」

「抜くと痛いし腫れると聞いてこわくてそのままにしているけど大丈夫なの?」

など、疑問をお持ちになった方もいらっしゃると思います。

今回はそんな疑問にお答えします!

結論を言いますと、しっかり親知らずを磨けているなら

抜かなくてもよいと思います。

ただ、患者さんの多くは7番目までの歯はしっかりと磨けているのに、親知らずになると大小はあれど虫歯になってしまっている方は多いと思います。

その原因はそもそも親知らずは磨きにくいからなのです。単純に奥まった場所に存在しているため、歯ブラシがしっかりと届かずに汚れがそのままになってしまう。なので虫歯になってしまうのです。

さらに親知らずは歯ぐきに埋まっていることが多いです。

その埋まっているすきまからも歯ぐきの中に食べかす、汚れが入って

いきます。

それが歯ぐきの腫れや痛みにつながるのです。

親知らずは別名智歯とも言われています。生えている場所の周りには様々な神経、リンパ、血管が存在しておりその流れに乗って親知らずの周りの腫れは頭痛や肩こりにもつながります。

しっかりご自分で親知らずのブラッシングができてきれいに保てるのであれば抜く必要はありません。

が、そのような方は少ないと思います。

すでに親知らずが虫歯になっていたり、

隣の歯が親知らずの虫歯のせいで虫歯になってしまっている場合があります。

親知らずの影響で虫歯になった手前の歯は大体が神経をやられてしまってることが多いです。

最悪の場合、親知らずのみではなく手前の歯まで抜くことにもなりかねません。

このような大事にならないうちには親知らずを抜いてしまう方がよいでしょう。

また過去に親知らず腫れたり、痛みが出たことのある方は

今後もくり返す可能性が高いので、とってしまった方が

よい場合もあります。

今ご自分の親知らずがどうなっているか知りたい方は

どうぞ一度ご相談ください。

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院をスタッフ一同笑顔でお待ちしています。