子供の歯を虫歯から守る

  • 2020年01月19日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

皆さんは、そもそもどうして虫歯になるかご存知ですか?

 

虫歯は

 

① 食事(砂糖)

 

② 歯の抵抗力(唾液などの虫歯から守る力)

 

③ 虫歯菌

 

この三つが合わさると虫歯になります。

 

今回はこの中の「食事(砂糖)の取り方」について説明していきたいと思います。

 

お口の中に虫歯菌が少なく、唾液も多く歯を良く守ってくれていて、尚かつ歯磨きも上手にできているのに虫歯になってしまう方もいます。そういう子はたいていお菓子の取り方に問題がある方が多いです。

 

兄弟で、弟ははしっかり歯を磨いているのに虫歯になる、お兄ちゃんははあまり歯を磨かないのに虫歯ができにくい・・・

 

と疑問を抱えるお母さんけっこう多いです。

 

とくにお兄ちゃんお姉ちゃんがいる子は、お菓子(砂糖)を覚えるのもはやいので、同じように歯磨きしていても虫歯になってしまうこともあります。

 

なぜお菓子(糖)食べると虫歯になるのでしょう??

 

お菓子(糖)を食べると、お口の中にいる虫歯菌が活発になり歯に穴を掘り始めます!

 

お菓子(糖)を食べている最中掘り続け、さらにお菓子(糖)を食べ終わった後20分間掘り続けます。

 

ここでポイントなのが、一度にたくさんのお菓子(糖)を食べても、飴を一粒食べても、食べ終わった後虫歯菌が穴堀する時間は20分です。

 

一日中だらだらお菓子を食べ続けていたら、ずっと虫歯菌が活発に穴掘りしていることになります。

 

虫歯になりにくいお菓子の取り方のコツは決められた時間にお菓子を食べる事です!

 

掘られた穴は唾液が少しずつ埋めてくれるので、掘られた穴はすこしずつもどっていきます。しかし唾液が歯を回復させるスピードはすごくゆっくりなので、ずっとお菓子を食べ、歯が掘られっぱなしだと、唾液が穴を埋めるスピードが追いつかなくて、穴はどんどん大きくなり虫歯になってします。

 

お菓子じゃなくても、砂糖の入った飲み物も注意です。砂糖の入ったコーヒーを一日中飲む習慣がある人はやめた方がいいでしょう。

 

虫歯になる原因の1つの食事(糖)をコントロールすることは、予防する上でとても重要です。特に子供の歯は大人の歯より柔らかく虫歯の進行もはやいので、とくに注意が必要です

 

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

 

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

 

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

 

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。