保険診療について

  • 2019年07月02日

 

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

突然ですが、みなさんのお口の中には、詰めものや被せものが入っていますか?

「詰めもの」「被せもの」と一口にいっても、実は様々な種類があります。昔から広く使われている銀色のものから、本物の歯と見分けがつかない白いものまで、選択肢はたくさんあるのです。それぞれに異なるメリット・デメリットがあり、もちろん必要な費用にも差があります。

 

歯の治療は、保険診療と自費診療の二つに大きく分けられます。

保険証で治療が受けられるのは保険で認められた方法と材料を使ったときです。

 

今回は保険診療でできる虫歯の治療についてお話します。

 

詰めもの(インレー)は、軽度の虫歯で歯を少しだけ削ったときに使用します。一方で、被せもの(クラウン)は、歯の大部分を失った場合や、神経を取った場合に多く使われるものです。

まずは、詰めものと被せものとに分けて、メリット・デメリットを紹介します。

 

  • メタルインレー〔銀色のつめもの〕

 

金銀パラジウム合金でできた銀色の詰めもので、日本では最も多く採用されています。

★メリット

 

価格が非常に安い

 

強度に優れており、どれだけ噛んでも割れたり磨耗したりする心配が少ない

 

★デメリット

 

審美生に劣る

 

詰めものの下で虫歯が発生するリスクが高い

 

非常に硬い素材であるため、詰めものを入れている歯や噛み合う歯にダメージを与えてしまう

 

金属アレルギーの心配がある

 

 

 

  • クラウン〔前歯〕

 

・硬質レジン前装冠

 

金属でできた被せものに、見た目を考慮して表面をレジン(白いプラスチックの素材)でコーティングしたもの。

 

★メリット

 

ベースが金属であるため強度がある

 

最低限の見た目を保証してくれる

★デメリット

 

レジンの特性である変色のスピードが速い

 

裏側は金属がむき出しの状態なので、大きく口を開けると目立つことがあります。

 

 

 

〔奥歯〕

 

メタルインレーの被せ物版。

 

メリット、デメリットはインレーと同じ。

 

 

 

保険内治療は、価格が安く済みますが、値段だけを見て決めるのではなく、それぞれの性質と自身の体質などを総合的に考慮して、自分に合うものを選ぶことが大切です。

 

当院では、自費治療も行っております。

 

治療に入る前に、必ず材料のカウンセリングのお時間をとらせていただいております。

 

今、お口の中で悩んだり、気になることがある方はぜび当院のスタッフにお声がけください。

 

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。