乳歯のブラッシングについて

  • 2018年12月03日

皆さん、こんにちは。

 

明石市・三木市・垂水区・須磨区からも通いやすい神戸市西区の歯科医院(歯科・歯医者)(明石駅)

 

アイリス歯科クリニック 院長の飯村です。

 

本日は乳歯のブラッシングについてお話ししたいと思います

虫歯から歯を守るために正しい歯磨きの方法をお伝えします。

 

・乳幼児

赤ちゃんの舌には白っぽいカスが時々たまります。水やぬるま湯でぬらした布でカスを拭き取ってください。

 

・生後7〜8ヶ月の時期

生後7〜8ヶ月くらいになると、赤ちゃんには可愛らしい前歯が生えてきます。歯の汚れは布やガーゼなどで拭き取ってください。

 

・生後1年を過ぎたら

この時期くらいから歯ブラシを使いましょう。お母さんが磨いてあげてください。

 

・3歳を過ぎたら

この頃からは自分で磨くようにさせましょう。しかし子供はまだまだ歯の磨き方が上手ではありません。お母さんも手伝い、歯磨きをした後はよくチェックしましょう。

 

・5歳を過ぎたら

5歳くらいになったら、毎食後(朝・昼・晩)「1日3回磨き」をさせましょう。お母さんは、仕上げ磨きで、磨き残しがないかよく見てあげてください。

 

・六歳臼歯が生えてくる頃

6歳くらいになると、強く大きい六歳臼歯が生えてきます。この六歳臼歯は食べかすもたまりやすく虫歯になりやすいので気をつけて磨くようにしましょう。

 

・子供に適したブラッシング方法

乳歯に適したブラッシング方法は、横磨きです。ブラシを歯面に平行にし、少し力を入れて小刻みに動かします。あまり大きく早く磨くと歯垢が落ちにくいので気をつけましょう。歯茎に傷がつく心配もあります。

特に歯と歯茎の境目や奥の方の歯は念入りにし、子供が吐き気をおこしたりしないよう歯磨き剤はつけないほうが良いでしょう。歯ブラシは、小さめの方が効果的です。

 

当院では、歯科衛生士がクリーニング時にブラッシング指導も行なっています。

磨き方を教えて欲しい!などありましたら気軽にお声がけください♪

 

明石市・西区・三木市・垂水区・須磨区の歯科 小児歯科 無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

 

笑顔の多い 玉津町高津橋・明石駅の歯医者(歯科・歯科医院)

 

アイリス歯科クリニック  へ

 

〒651-2122

兵庫県神戸市西区玉津町高津橋174-2

TEL:078-917-8118

 

皆様のご来院を、スタッフ一同、”笑顔”でお待ちしています。